契約の書き付け。証文。手形。券書。

《「げんじょう」とも》謡曲。五番目物。唐へ渡ろうとした琵琶の名人藤原師長 (ふじわらのもろなが) の前に、村上天皇と梨壺女御 (なしつぼのにょうご) の霊が現れて名演奏を聞かせ、名器獅子丸 (ししまる) を与える。

律令制で、辺境にある官人に朝廷から給付された護衛の武官。総管節度使按察使 (あぜち) 鎮守府将軍大宰帥 (だざいのそち) 大宰大弐陸奥出羽国司などに給付された。

やかましく騒ぐこと。騒がしいこと。騒擾。

「心頭には一の煩慮なく心外には些の―なし」〈独歩・無窮〉

守りの強固な城。「堅城鉄壁」

《「けんしょう」「かんじょう」「けじょう」とも》功労を賞して官位や物品・土地などを授けること。

「後陣の勢の続かざらんに、先駆けたらん者は、―あるまじき由」〈平家・九〉

[名](スル)
  1. 主君や貴人に物を差し上げること。奉ること。「特産の品を献上する」

  1. 点数をとられること。「失策で二点を献上した」

  1. 献上博多」の略。

  1. けんせい(賢聖)1」に同じ。「賢聖の遺徳」

  1. 《「げんじょう」とも》仏語。

    1. ㋐聖者 (しょうじゃ) と賢者。菩薩 (ぼさつ) と、その位に至る前の仏道修行の人。

    2. ㋑仏道の修行を積んだ聖者。

[名・形動]へりくだりゆずること。自分を低めることにより相手を高めること。また、控えめであるさま。謙遜 (けんそん) 。「謙譲の美徳」
  • 「日ごろ―な性質で、名聞を好まない景蔵のような友人ですら」〈藤村夜明け前

出典:青空文庫