1. ハヤブサ科ハヤブサ属の鳥。全長42センチくらい。背面が青灰色、腹面は白に黒色の黄斑があり、目の下に暗色斑が伸びている。くちばしは鋭く曲がり、翼は長くて先がとがる。直線的に速く飛び、獲物を見つけると翼をすぼめて急降下し、足でけり落として捕らえる。断崖に営巣。世界中に分布し、鷹狩りに用いられた。 冬》

  1. ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属の鳥の総称。日本にはチゴハヤブサ・チョウゲンボウなど7種が分布。

  1. 旧日本陸軍の単座戦闘機。制式名称は一式戦闘機。昭和13年(1938)初飛行。最高時速555キロ。

[補説]特別急行列車・小惑星探査機は別項。→はやぶさ
東北新幹線北海道新幹線で運行されている特別急行列車の愛称。平成23年(2011)に運行を開始。おもに東京・新青森間、または東京・新函館北斗間を結ぶ。秋田新幹線こまち」を連結する編成もある。
平成15年(2003)にJAXA (ジャクサ) (宇宙航空研究開発機構、打ち上げ時は宇宙科学研究所)が打ち上げた小惑星探査機MUSES-C (ミューゼスシー) の愛称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達し、表面の観測を行った後、サンプル採取を試みた。燃料漏れや姿勢制御装置の故障、通信途絶など、たび重なるアクシデントに見舞われたが、平成22年(2010)6月に地球帰還。サンプル収納容器の中から、イトカワのものとされる約1500個の岩石質の微粒子が採集された。→はやぶさ2 (ツー) 

出典:gooニュース