1. さらすこと。さらしたもの。「雨―」「恥―」

  1. 漂白した麻布または綿布。晒し布。特に、晒し木綿 夏》「川風に水打ちながす―かな/太祇

  1. 江戸時代の刑罰の一。縛った罪人、または斬首 (ざんしゅ) に処せられた罪人の首を路傍にさらし、衆人の見せしめにしたもの。

  1. 歌舞伎舞踊の中の一場面。布ざらしを舞踊化したもので、「越後獅子」などにある。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。能管・太鼓・大太鼓または大鼓・小鼓を加えた鳴り物で、荒事 (あらごと) の立ち回りや幕切れなどに用いる。

  1. 晒 (さらし) の合方」の略。

(晒)地歌箏曲の曲名。宇治川沿岸で里人が布をさらすことを題材としたもの。元禄(1688~1704)ころ、深草検校が原曲「古ざらし」をつくり、のちに山田生田の両流が原曲から「新ざらし(早ざらし)」を編曲した。

出典:青空文庫