1. 塩化ナトリウムを主成分とする塩辛い味の物質。海水や岩塩から製し、精製したものは白い結晶で、食生活の基本調味料。食塩。

  1. 塩味の加減。しおけ。「―をきかす」

  1. 苦労、辛苦。

    1. 「まだ世の中の―を深く味わわざる処女 (おとめ) 」〈魯庵社会百面相

  1. 月や太陽の引力によって周期的に起こる海面の昇降。うしお。「―が満ちる」「―が引く」

  1. 海水。また、潮流。海流。「―を汲む」「―が変わる」

  1. 事をするのによい機会。しおどき。「それを―に席を立つ」

  1. 愛嬌 (あいきょう) 。

    1. 「常は人を見るに必ず笑を帯びざる無き目の―も乾き」〈紅葉金色夜叉

  1. 江戸時代、上方の遊里で、揚げ代が3匁の遊女。大夫・天神・鹿恋 (かこひ) に次ぎ、影・月 (がち) の上。

[補説]漢字表記の「潮」は朝しお、「汐」は夕しおの意。
[接尾]助数詞。染色のときに染料に布を浸す度数を数えるのに用いる。また、古く、酒を醸造するとき、酒を醸 (か) む回数を数えるのにも用いる。
  • 「紅の八―の衣」〈・二六二三〉
「八―折の酒を醸み」〈・上〉
「眉 (まゆ) は漆にて百― (ももしほ) 塗ったる如にして」〈太平記・二三〉