《「まろ」の音変化》

[名]
  1. まるい形。円形。また、球形。「該当する項目を―で囲む」

  1. 答案などに正解または合格・優良の評価の意味でつけるまるい印。「正しい答えに―をつける」「図画で三重―をもらう」

    1. 句点。文の終わりにつける「。」の符号。

    2. 半濁点。「ぱ」「ピ」などの「゜」の符号。

  1. 数字の零を読み上げるときにいう語。「一 (いち) ―三 (さん) ―(=10時30分)に到着」

  1. 金銭のこと。会話で親指と人差し指とで輪をつくって示すこともある。

    1. ㋐《甲羅が円形であるところから》主に関西で、スッポンのこと。

      「鯛と烏賊のつくり合せや、―の吸物に」〈里見弴多情仏心

    2. ㋑料理に使う骨付きのドジョウ。また関西で、ウナギのこと。

  1. 城郭の内部。近世の城郭で内郭・外郭の外周をいい、その位置から本丸、二の丸、三の丸などと称する。「―の内」

  1. 円形の紋所の名。円形単独のもののほか、薄 (すすき) の丸、鶴の丸など他の模様と組み合わせたものもある。

  1. 完全で、欠けたところのないこと。また、全部を包含していること。まるごと。「リンゴを―のままかじる」

    1. 「―に一夜さ添ひ果てず」〈浄・無間鐘〉

  1. 10

    1. ㋐重さの単位。一丸は50斤で、約30キロ。

    2. ㋑和紙を数える単位。一丸は、半紙では6締め、奉書紙では10束。

  1. 11 江戸の吉原遊郭で、遊女の揚代が倍額になる日。正月や節句の日など。丸の日。

[接頭]
  1. 数詞に付いて、その数が欠けることなく満ちている意を表す。「―一日」「―一月 (ひとつき) 」

  1. 名詞に付いて、完全にその状態である、の意を表す。全体。そっくり。「―もうけ」「―焼け」

[接尾]《「まろ(麻呂)」から転じて》
  1. 人名、特に稚児に用いる。「石童―」「牛若―」

  1. 船の名に用いる。「海神―」

  1. 刀・楽器その他の器物の名に用いる。「蜘蛛切 (くもきり) ―」

  1. 犬や馬などの名に用いる。「常陸 (ひたち) ―」「木下―」

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/動物名]カテゴリの言葉