• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

坐薪懸胆の解説 - 学研 四字辞典熟語

将来の成功や活躍のために、苦労をいとわず、つらい生活をじっと耐え忍ぶ意。つらい生活を耐えることで、敵愾心てきがいしんや闘志をかきたてること。もとは、復讐ふくしゅうのために耐え忍ぶこと。
注記
痛さをこらえて薪たきぎの上に座り、苦い肝きもを寝床に掲げておいて、それをなめながら復讐を誓うという生活から。「薪たきぎに坐し、胆きもを懸く」と読み下す。
類語
臥薪嘗胆がしんしょうたん

キーワード[がまん]の四字熟語

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語

キーワード[憎悪]の四字熟語