• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寒山拾得の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

中国唐代中期の寒山と拾得の二人の高僧。二人とも奇行が多く、詩人としても有名だが、その実在すら疑われることもある。拾得は天台山国清寺こくせいじの食事係をしていたが、近くの寒巌かんがんに隠れ住み乞食こじきのような格好をした寒山と仲がよく、寺の残飯をとっておいては寒山に持たせてやったという。また、この二人は文殊菩薩もんじゅぼさつ、普賢ふげん菩薩の生まれ変わりといわれる。画題としてもよく用いられる。
用例
また、寒山拾得の如ごとく、あまり非凡な恰好かっこうをして人の神経を混乱させ圧倒するのも悪い事であるから、<太宰治・服装について>

寒山拾得の解説 - 学研 四字熟語辞典

中国唐の時代の高僧、寒山と拾得のこと。文殊菩薩もんじゅぼさつ、普賢菩薩ふげんぼさつの生まれ変わりといわれる。二人とも奇行が多く、詩人としても有名で、禅画の画題としてよく用いられている。
注記
「拾得」を「しゅうとく」と読み誤らない。
用例
あの二人が死んだと思つたのは、憐むべきおれの迷ひたるに過ぎない。寒山拾得かんざんじつとくは生きてゐる。〈芥川龍之介・東洋の秋〉

寒山拾得の解説 - 小学館 大辞泉

寒山拾得の二人の僧。寒山が経巻を開き、拾得がほうきを持つ図は、禅画の画題。
舞踊劇。長唄。坪内逍遥 (つぼうちしょうよう) 作詞、4世吉住小三郎・3世杵屋六四郎 (きねやろくしろう) 作曲、藤間勘右衛門振り付け。明治44年(1911)初演。雪舟の「寒山拾得図」の枯淡、洒脱 (しゃだつ) な感じを表現。
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。