• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

秋霜烈日の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

刑罰・権威・節操・意志などが厳しく、また、厳かなことのたとえ。秋の厳しく冷たい霜と夏の強い日差しの意から。
句例
秋霜烈日の厳しさ
用例
あるいは却かえって一段秋霜烈日の厳を増したのではないかと思った。<石川啄木・雲は天才である>
類語
志操堅固しそうけんご
対義語
春風駘蕩しゅんぷうたいとう

秋霜烈日の解説 - 学研 四字辞典熟語

態度や意志が、激しく厳しいこと、また堅固であること。権威などが、厳正でおごそかなこと。秋に降りた霜のように厳粛で、夏の暑く照りつける日の光のように強く厳しいことの意。刑罰などの厳しさについてもいう。
注記
「秋霜」は、秋の冷たい霜のこと。「烈日」は、夏の暑い日差しのこと。検察官のシンボルとされ、バッジなどに型取られる。
表記
「烈日」を「列日」と書きちがえない。
類語
志操堅固しそうけんご
対義語
春風駘蕩しゅんぷうたいとう

秋霜烈日の解説 - 小学館 大辞泉

《秋の厳しい霜と夏の烈 (はげ) しい日の意から》

  1. 刑罰・権威・志操などが厳しくおごそかであることのたとえ。「秋霜烈日の裁定」

  1. 検察官記章の通称。また、そのデザイン。太陽の四方を菊の白い花弁と金色の葉が取り巻くもので、これを烈日と霜に見立てる。

キーワード[勢い]の四字熟語

キーワード[意志]の四字熟語

キーワード[賞罰・懲罰]の四字熟語