1. 三行 (さんこう) 」に同じ。

  1. 律令制大学寮に設置された3学科。明経 (みょうぎょう) 道明法 (みょうぼう) 道算道

  1. 兵家で、兵を用いる三つの方法。正兵奇兵伏兵

  1. 仏語。

    1. ㋐「三悪道」に同じ。

    2. のこと。輪廻 (りんね) を、煩悩とそれによる行為と、その結果としての苦との三つでとらえたもの。

    3. ㋒仏道修行の三段階。聖者の位の見道、修練を積む位の修道 (しゅどう) 、学ぶべきもののなくなった位の無学道

    4. 意業 (いごう) の三悪。貪・瞋 (しん) ・邪見。

  1. 世阿弥が説いた、能を作る場合の3要素。種(素材)・作(構成)・書(作詞・作曲)。

世阿弥の「能作書」の別名。

山中の道。やまみち。

[名](スル)
  1. 神仏の堂に参拝すること。

  1. 他人を敬って、その家を訪問することをいう語。参殿。「明日参堂するつもりです」

神社や寺に参拝するために設けられた道。

山のがけの中腹に棚のように張り出してつくった道。

分娩 (ぶんべん) のときに胎児が通過する母胎内の経路。

瞳孔が散大した状態。生理的には暗い所で起こり、病的には脳内出血・緑内障などで起こる。⇔縮瞳

  1. 律令制大学寮四道の一。算法を学ぶ学科。

  1. 数を計算する方法。算術。

[名](スル)他人の意見・提案などに、賛成・同意すること。「賛同を得る」「趣旨に賛同する」

出典:青空文庫