• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
神田神社祭礼。もと9月15日に行われたが、現在は5月15日。江戸二大祭りの一つで、日枝 (ひえ) 神社山王祭とともに天下祭りといわれる。本祭りと陰 (かげ) 祭りが隔年に行われる。 夏》「打ち晴れし—の夜空かな/虚子」→深川祭

歌舞伎舞踊清元。本名題「〆能色相図 (しめろやれいろのかけごえ) 」。三升屋二三治 (みますやにそうじ) 作詞、2世清元斎兵衛作曲。天保10年(1839)江戸河原崎座初演。神田祭の情景を舞踊化したもの。

長唄幸堂得知作詞、3世杵屋六四郎・4世吉住小三郎作曲明治44年(1911)発表

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月