• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

訥言敏行の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

徳のある人は、口数は少なく、行動に敏速であるものだということ。▽「訥言」は口べたの意。「敏行」は行いを敏速にすること。「言げんに訥とつにして行おこないに敏びんなり」と訓読する。
出典
『論語ろんご』里仁りじん
句例
訥言敏行を理想とする
類語
不言実行ふげんじっこう

訥言敏行の解説 - 学研 四字辞典熟語

人格者はたとえ口は重くても、行動は敏速であるべきだということ。
注記
「訥言」は、口べたなさま。「敏行」は、行動が機敏なさま。「言げんに訥とつにして行おこないに敏びんなり」と読み下す。
出典
『論語ろんご』里仁りじん
類語
不言実行ふげんじっこう

[人物像を表す/知徳に優れた人]カテゴリの四字熟語

キーワード[実行・やる]の四字熟語

キーワード[話し振り]の四字熟語