1. おおやけの用事。国や公共団体、または勤務する会社などの用務。公務。「公用で出張する」⇔私用

  1. 国や公共団体が使用すること。「公用に供する」⇔私用

役に立つこと。働き。ききめ。

「源内、これを見て、その―を問ひ帰り」〈蘭学事始

幅の広い葉。広葉樹の葉。

光り輝くこと。また、そのもの。

「火が燃えしきるときにぱッと立つところの―に似たようなものが」〈阿部知二・冬の宿〉

[名](スル)子が親を大切に養うこと。きょうよう。「孝養を尽くす」
  1. 使いみち。用途。「うその効用」

  1. ききめ。効能。「薬の効用」

  1. 経済学で、消費者が財やサービスを消費することによって得る主観的な満足の度合い。

  1. 後代。後世。また、子孫。「平氏の後葉」

  1. 脳下垂体の後部。

[名](スル)秋になって葉が紅色に変わること。また、その葉。葉緑素がなくなり、アントシアンなどの色素が蓄積して起こる。黄葉を含めていうこともある。もみじ。「全山みごとに紅葉する」 秋》「―の色きはまりて風を絶つ/宋淵」

船で海を渡ること。航海。

[名](スル)精神や気分などが高まること。また、高めること。「士気が―する」「自主独立の精神を―する」
[名](スル)秋になって葉が黄色く変わること。また、その葉。葉緑素を失い、カロテノイドが目立つようになって黄変する。「イチョウ並木が黄葉する」 秋》

基本となる主要なところ。骨子。多く書名に用いられる。「物理学綱要」

[形動ナリ]《「かくよう」の音変化》このよう。かよう。
  • 「―におどろかし聞こゆる類 (たぐひ) 多かめれど」〈・賢木〉
[ト・タル][文][形動タリ]水が深くて広いさま。また、学説・議論などが深く広いさま。