[副詞]
  1. 1 ((述部動詞に伴って)) (…で)ない,(…し)ない.
  2. (1)((助動詞,be 動詞,have 動詞に伴って))(◆((話)) では isn't,haven't,don't,can'twon't などのように n't となって縮約形をつくることが多い. 特に疑問・否定形ではこの形をとる)
語法
「明日は雨ではないと思う」は I think it will not rain tomorrow. よりも I don't think it will rain tomorrow. のほうが普通.think のほか believe,suppose,seem,be likely なども同様.
  1. (2)((付加疑問で))(◆上昇調では相手の確認を求め,下降調では相手の同意を期待する)
    • He is kind, isn't he?
    • ((上昇調)) あの人は親切ですね(そうではありませんか);((下降調)) あの人は親切ですね(そうでしょう)(◆疑問文より平叙文に似ている)

    ◆次の用例のように否定の陳述につく場合にはふつう相手の言葉に対する関心を表す:“You can't sing an aria from Aida.” “I can't,can't I?”「アイーダのアリアなんて君に歌えっこないよ」「私に歌えないですって」.

  2. (3)((古)) ((be 動詞,have 動詞以外の動詞のあとに置いて))
    • Cast not your pearls before swine.
    • 真珠を豚に投げてはならない〈〔聖書〕 Matt.7:6〉
  3. (4)((主に詩語)) ((動詞の前に置いて))
    • I not doubt/He came alive to land.
    • 御無事に上陸されたに違いありません〈Shak.Temp.II.i.121-2〉.
語法
(1)Brutus didn't kill a tyrant. のような文の場合には,文のどの部分が not で否定されるかによっていろいろな解釈が可能になる. (a)暴君を殺したのはブルータスではない(◆主語の否定). (b)ブルータスが殺したのは暴君ではない(◆目的語の否定). (c)ブルータスは暴君を殺しはしなかった(◆動詞の否定).(d)ブルータスが暴君を殺したという事実はない(◆文全体の否定).
(2)数や量を表す語や副詞(句,節)はしばしば否定の対象となる
  • I didn't see many of the pictures.
  • 私が見た絵は多くなかった(数枚だけだ)
  • We didn't eat in total silence.
  • 食事中黙りこくっていたわけではなかった(◆「食事しなかった」のではない).
(3)否定疑問文は縮約形・非縮約形で意味の異なることがある
  • Hasn't she grown!
  • 何と大きくなったことか

◆形は疑問文だが内容的には感嘆文で,感嘆符がつき,下降調で発音される

  1. 2 ((不定詞・分詞・動名詞の前に置き,それを否定して)) (…で)ない,(…し)ない
    • I told her not to go.
    • 彼女に行かないよう言った
    • Ten were saved, not counting the dog.
    • 犬は数えないで,10人は救助された
  2. 3 ((しばしば否定または否定的語句の前に置いて,通例,控え目な表現として)) (…で)ない,(…し)ない
    • not a few
    • 少なからぬ[多くの](数),少なからず
    • not a little
    • 少なからぬ[多くの](量);少なからず
語法
否定が文全体に及ぶ場合には語順の転倒が起こる:Not even then was there rain falling. その時でさえ雨は降っていなかった. cf. Not long ago it was raining. ついさっきまで雨が降っていた.
  1. 4 ((部分否定)) ((all,every,both;always,necessarily などと共に用いて)) (…で)ない,(…し)ない
    • Not everyone likes him.
    • 誰もが彼を好きだというわけではない
    • I don't know both of them.
    • 両方とも知っているわけではない(◆I know neither of them. どちらも知らない)
    • All is not gold that glitters.
    • ((ことわざ)) 輝くものすべてが金とは限らない.
  2. 5 ((強意))
  3. (1)((主語に先行させて)) (…で)ない,(…し)ない
  4. (2)((not a ...;not ...a …で)) 一つ[一人]の…も…ない
  5. (3)((先行する否定の陳述を再確認して,文尾に付加する代名詞の前に置いて))
    • He will not be defeated, not he.
    • 彼は負けないだろう,負けるものか.
  6. (4)((先行する肯定の陳述を裏面から確認して))
  7. 6 ((否定の句・節などの代用)) (…で)ない,(…し)ない(◆not に強勢を置く)
    • Will it rain tomorrow?”“I hope not.”
    • 「明日は降るだろうか」「降らないといいね」

    ◆hope のほか think,expect,suppose,believe,be afraid なども同じ構文になる. ただし,I think not./I suppose not. などの言い方はやや硬い表現で,通例 I don't think so./I don't suppose so. の形を用いる. cf. I hope so.

  8. 7 ((他の否定語と併用して)) (…で)ない,(…し)ない.
  9. (1)((否定を強めて)) ((俗・方言))
  10. (2)((否定の効果が相殺されて))
    • I can't not come.
    • 来ないわけにはいかない.
  11. 8 ((感嘆文で冗語として))
    • What have I not suffered!
    • ひどい目にあったもんだ.
  12. 9 ((米俗)) ((前文を強く否定して)) 今のはうそ[取り消し];とかいっちゃって,…なーんちゃって,…てなことない.

    ◆Waynespeak とよばれる

    • I don't like pot.Not!
    • マリファナは好きじゃないってことない.
  13. 10 ((米俗)) ((応答で No の代わり)) いいや
    • You did your homework?” “Not!”
    • 「宿題やった?」「うんにゃ」(◆No,I didn't の代わり).

notの慣用句・イディオム

  1. not at all
    • (1)全く…でない
    • (2)((返事で)) どういたしまして;そんなことはありません
      • “I hope I have not come too early.” “Not at all.I was expecting you.”
      • 「早く来すぎたのじゃないでしょうね」「そんなことはありません. お待ちしていました」.
  1. not ...but
    • …でなくて…
      • Not Henry but Ellen supports the family.
      • その一家を支えているのはヘンリーではなくてエレンなのです.
  1. not but .../not but what [or that]
    • ((文語)) …とはいうもののやはり,けれどもやはり…;…しないということではないが
      • I don't know it, not but what an older man might.
      • 私はそれを知らない,もっとも私より年上の人なら知っているかもしれないが.
  1. not even
    • ((米俗)) 全く…ない,全然違う.
  1. not half
  1. not only [or just,merely,simply] A but (also) B
  1. not that
    • …だからではない,ということではない
  1. not the ...
    • (有名な作品・番組などをパロディー化して)「…でないもの」
  1. not to say
語源
c1250.中期英語;NOUGHT の弱異形
  • 音節NOT
  • 発音nɑ't|nɔ't
[名詞] 〔コンピュータ〕 ノット,否定:真偽を逆にする論理演算.