1. ㋐アオイ科のフヨウ属・アオイ属に含まれる植物の総称。タチアオイモミジアオイトロロアオイゼニアオイフユアオイなど。 夏》

    2. ㋑アオイ科の双子葉植物の総称。温帯から熱帯にかけて分布し、75属1500種ほどある。フヨウムクゲなど。

    3. フユアオイの別名。

    4. ㋓ウマノスズクサ科のフタバアオイのこと。

  1. 紋所の名。フタバアオイを図案化したもので、種類が多い。

  1. 《徳川氏の紋が「葵巴 (あおいどもえ) 」であったところから》江戸幕府の象徴。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は薄青、裏は薄紫。陰暦4月に用いた。

  1. 蕎麦 (そば) をいう女房詞

源氏物語第9巻の巻名。光源氏21歳から22歳。葵の上六条御息所 (みやすどころ) との車争い、夕霧の誕生、御息所の生き霊にとりつかれた葵の上の急逝、源氏と紫の上との結婚を描く。

静岡市の区名。駿府公園(駿府城)周辺の官公庁街から、南アルプス大井川源流部まで、同市の大半を占める。

[形][文]あを・し[ク]
  1. (「碧い」とも書く)青色をしている。広く緑系統の色にもいう。「―・い空」「―・いリンゴ」

  1. (「蒼い」とも書く)顔に血の気がない。赤みが足りない。「顔が―・い」

  1. 《果実などの未熟なものが青いところから》人格・技能や振る舞いなどが未熟である。「考えが―・いよ」

[派生]あおさ[名]あおみ[名]

出典:青空文庫