円の貨幣価値。外国貨幣に対する円の購買価値。

円単位で表される日本の貨幣。

炎を上げて激しく燃える火。心中に起こる激しい感情のたとえにもいう。

暑い夏。真夏。 夏》

  1. 煙と火。また、炊事の煙。

  1. のろし。烽火 (ほうか) 。

  1. 花火。

    1. 「この水楼―を見しの夕べに始まる事を」〈芥川・開化の殺人〉

  1. 煙と霞 (かすみ) 。また、煙のように立ちこめた霞やもや。

  1. 自然の風景。

おしろいのこと。昔、を原料にした。鉛白 (えんぱく) 。鉛粉。

塩素と化合すること。また、塩化物であること。

中国で、専売の塩に課した税金。塩は前漢から官の専売であり、国家の有力な財源となっていた。→塩法

《「演説歌」から》

  1. 明治10年代に、自由民権運動の壮士たちが、その主義主張を歌にして街頭で歌ったもの。のちに政治色が薄くなり、悲恋・心中の人情歌をバイオリン・アコーディオンなどに合わせて歌う遊芸になり、「艶歌」とも書かれるようになった。

  1. 日本調流行歌の一。小節 (こぶし) をきかせた浪曲風メロディーで二拍子、短調の曲が多く、義理人情を歌う。

  1. つやうた(艶歌)」に同じ。

縁続きの家。特に、婚姻によるつながりのある家。

中国料理の材料とするアナツバメの巣。多く湯菜 (タンツァイ) とよぶスープの実とする。燕巣 (えんそう・えんず) 。つばめの巣。

《「轅」は牛車などのながえの意》人に使われること。人の部下。門下。

[名](スル)口の中の物を飲み下すこと。えんげ。「錠剤を嚥下する」
[補説]「咽下」とも書く。