《「くでん」とも》

  1. 律令制で、国家に所有権があると考えられた田地。

  1. 律令制で、1から口分田位田職田などを分けたあとの残った田地。農民に賃租させて国家が収益をあげた。乗田。⇔私田

  1. 荘園などで、土地台帳に登録され、租税を納めている田地。

  1. 中国、代に行われたとされる土地制度、井田法 (せいでんほう) で、正方形の土地を縦横3列ずつに井の字形に区切った場合、その中央にある公有の田。その周囲の私田を耕す八家の者が交替でこれを耕して、その収穫を租税とした。

律令制で、国家に功労のあった者に与えられた田。輸租田で、功労の程度によっての四段階があり、大功は永世、上功は3世、中功は2世、下功は子に、それぞれ伝えられた。くでん。

官庁で出す公務の電報。

荒廃した田地。

死者の霊前に供えて、香や花の代わりとする金品。香料。「―を供える」

奈良・平安時代、諸国の田地の面積・品等などを調査すること。班田に先立って行われた。

耕作を行う田地。

平安後期から室町時代にかけて、寺社の経典の講義や、祖師の賛仰 (さんぎょう) の講会 (こうえ) などの費用にあてるために設けられた田。

広々として何もない田地。

光による電子的・電気的な影響。「―効果」

出典:青空文庫