[名]地位の低い官吏。微官。⇔大官
[代]一人称の人代名詞。官吏が自分を謙遜していう語。「小官の不徳の致すところ」

二十四節気の一。1月5日ごろ。このころ、寒さがやや厳しくなる。 冬》「―やふるさとよりの餅一荷/月草」

わずかのひま。小暇。「―を得る」

ちょっと感じたこと。ちょっとした感想。寸感。「折々の小感を書きとめる」

[名](スル)人を呼び出すこと。特に、裁判所被告人・証人・鑑定人などに対し、一定の日時に裁判所その他の場所に出頭を命ずること。「証人として召喚される」
[名](スル)呼び戻すこと。特に、派遣した外交使節外交官を本国に帰還させること。「特使を召還する」
[名](スル)招き呼ぶこと。また、呼び出すこと。
  • 「国野を第三局へ―の上段々吟味になり」〈鉄腸・花間鶯〉

面会。対面。相見 (しょうけん) 。

「常に御―候ひて御法談候ふべし」〈太平記・二六〉

  1. 荘園領主から任命され、荘園内の年貢の取り立て、治安維持などをつかさどった職。初め領主側から派遣されたが、のち在地の豪族が任命されるようになった。荘司。

  1. 江戸時代、村落の長。庄屋。名主 (なぬし) 。肝煎 (きもいり) 。

敵の攻撃に備え、哨戒の任に当たる軍艦。

軍人の階級で、大将中将少将の総称。

ひまをつぶすこと。退屈しのぎ。「読書を車中の消閑の具とする」

商人が営業をする建物。特に、外国商人の営業所。「長崎出島のオランダ商館」

遊女屋。娼家。

[名](スル)つかさどり管理すること。管掌。

漢方で、体外の環境変化により経絡がおかされた状態。腸チフスの類をさす。

[名](スル)神仏、天皇などが明らかに見ること。照覧。「神々の照鑑するところ」

書画・骨董 (こっとう) などを鑑賞し、鑑定すること。

大空。天空。

[名](スル)
  1. 返却すること。

    1. 「僕(=従僕)の吾が財を私し、債主に―せざりしことを知り」〈中村訳・西国立志編

  1. 金銭債務弁済すること。「国債を償還する」

帆柱。マスト。

「碧波の上に、―の林立せるを弁ず」〈鴎外訳・即興詩人

無線通信などで、電波が届かなくなること。受信できなくなること。⇔入感

出典:青空文庫