• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

極悪非道の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

この上なく悪く道理にはずれていること。また、そのさま。▽「極悪」は悪逆きわまりないこと。「非道」は道理や人の道に反していること。
句例
極悪非道な行為
用例
ヒダカはヒダカ、イシカリはイシカリで、お互いに相手を極悪非道の敵だとして、やっつける。憎んだり殺したり、征服したり全滅したりさ。作物や牛馬を育てることをしない。食物でも女でも宝物でも、奪ろう奪ろうとする。<武田泰淳・森と湖のまつり>
類語
悪逆非道あくぎゃくひどう 悪逆無道あくぎゃくむどう 強悪非道ごうあくひどう 大逆無道たいぎゃくむどう
活用形
〈―ナ〉

極悪非道の解説 - 学研 四字辞典熟語

この上なく悪く、人の道に外れていること。また、そのさま。
注記
「極悪」は、この上なく悪いこと。「非道」は、人の道に外れること。
用例
世界の歴史を通じて、日本のこの時代ほどにも、人民の自由が奪はれ、極悪非道に虐圧された時代はなかった。〈萩原朔太郎・絶望の逃走〉
類語
悪逆無道あくぎゃくむどう 大逆無道たいぎゃくむどう 暴虐非道ぼうぎゃくひどう

[非難する/悪口/悪口の内容]カテゴリの四字熟語

キーワード[悪]の四字熟語

キーワード[残酷]の四字熟語