1. 数の名。2の次、4の前の数。みっつ。みつ。

  1. 3番目。第3。

  1. 三味線で、三の糸。

[補説]「参」は、主に証書などに金額を記すとき、間違いを防ぐために「三」の代わりに用いることがある。
  1. 加わること。参加。「参・不参を問う」

  1. 朝廷・寺社など尊貴の所に行くこと。まいること。

    1. 「―を以てもお悦び申さんと存ずる折から」〈浄・歌軍法〉

  1. 戸・障子などの骨組み。

  1. 板が反るのを防ぐために、打ちつけたり差し込んだりする横木。

  1. 土台や梯子 (はしご) などに渡す横木。

  1. 猿 (さる) 3」に同じ。「桟を下ろす」

  1. (多く「お産」の形で)子供を産むこと。出産。分娩 (ぶんべん) 。「お産が軽い」

    1. 「家内が―の気が付いたようだと」〈二葉亭・出産〉

  1. その土地の生まれであること。「彼は大阪の産だ」

  1. その土地で産出されること。また、そのもの。「愛媛産のミカン」

  1. 財産。「一代で産を成す」

粉末の薬。こなぐすり。「実母散」「敗毒散」

  1. 昔、中国から渡来した計算用具。長方形の小さい木片。

  1. 占いに用いる算木 (さんぎ) 。また、その占い。

  1. 計算。勘定。「算が合う」「つるかめ算」

  1. はかりごと。もくろみ。計画。

    1. 「胸中予 (あらかじ) めこの―ありけん」〈鏡花・琵琶伝〉

  1. すっぱいこと。また、すっぱいもの。

  1. 水溶液中で水素イオンを放出する物質。放出が強いものを強酸、弱いものを弱酸という。塩基と反応して塩 (えん) と水を生じる。

  1. ほめたたえること。また、その言葉。「バッハ―」

  1. 漢文の文体の一。人物や事物をほめる際の文章。多く、4字1句で韻を踏む。

  1. 画面の中に書きそえた、その絵に関する詩句。画賛。

  1. 仏・菩薩 (ぼさつ) の徳をたたえる言葉。

  1. 論評。批評。

    1. 「出口の茶屋に腰掛けながら、朝帰りの客に―付くるに」〈浮・諸艶大鑑・一〉

《「ざん」とも》飲食すること。また、飲食物。

「僅かに一日の―を求めかねてみづから溝壑 (こうがく) に倒れ伏す」〈太平記・一一〉

storage area network》複数のコンピューターと外部記憶装置を結ぶ高速ネットワークのこと。ストレージエリアネットワーク。

太陽。「サングラス」「サンデッキ」

(中国語)》数の、さん。みっつ。

[ト・タル][文][形動タリ]いたましいさま。また、ひどく悲しむさま。「惨たる光景」
  • 「―として暗くなった顔」〈芥川・偸盗〉
[ト・タル][文][形動タリ]輝いて鮮やかなさま。「燦たる黄金の光」
[接尾]《「さま」の音変化》
  1. 人を表す語や人名・役職名・団体名などに付いて、尊敬の意を表す。また、動物名などに付いて、親愛の意を表すこともある。「お嬢さん」「田中さん」「部長さん」「お猿さん」

  1. 体言または体言に準ずる語に「お」「ご(御)」を冠したものに付いて、丁寧の意を表す。「お世話さん」「ご苦労さん」「ご機嫌さん」

[接尾]《「ざん」とも》
  1. 山の名に付けていう。「富士山」「六甲山」

  1. 仏寺の称号に添えていう。山号。「比叡山延暦寺」「金竜山浅草寺」

息子。⇔ドーター

出典:gooニュース

出典:青空文庫