1. 物事を「天・地・人」の三段階に分けたときの第三位。評価する場合や、3冊の本の3番目に用いる。

  1. 国籍・地域・職業・分野などを示す語と複合して用い、それに該当する人間、それをもつ人間であることを表す。「九州人」「アーリア人」「経済人」「現代人」「自由人」

やいば。はもの。

  1. 思いやり。いつくしみ。なさけ。特に、儒教における最高徳目で、他人と親しみ、思いやりの心をもって共生 (きょうせい) を実現しようとする実践倫理。「智・仁・勇」

    1. 「―ある君も用なき臣は養ふ事あたはず」〈浄・国性爺

  1. ひと。→御仁 (ごじん) 

    1. 「若いに似合わぬ物の分った―だ」〈有島或る女

  1. 果実の核。さね。たね。にん。

  1. 細胞の内にある1個から数個の粒状構造。主にRNAたんぱく質とからなる。核小体。

十干の第九。みずのえ。

中国古代の、高さや深さの単位。4尺・5尺6寸・7尺など諸説がある。「千仞の谷」

尽日」の略。「三月尽」

沈香」の略。「沈を焚 (た) く」

  1. 軍隊を配置して備えること。陣立て。「雁行 (がんこう) の陣」「背水の陣」

    1. ㋐軍隊の集結している所。兵営。陣地。陣営。「陣を張る」

    2. ㋑共通の目的をもって、まとまった人々。集団。多く、他の語と複合して用いられる。「講師陣」「報道陣」「第一陣」

  1. いくさ。たたかい。合戦。「大坂夏の陣」

  1. 陣の座」に同じ。

    1. 「昔、晴明、―に参りたりけるに」〈宇治拾遺・二六〉

  1. 宮中警護の衛士 (えじ) の詰め所。また、そこに詰めている人。

    1. 「―に左大臣殿の御くるまや御前どものあるを」〈大鏡・師尹〉

  1. 僧たちの出入り口。

    1. 「僧正かへりて侍りしに、―の外まで僧都 (そうづ) 見えず」〈徒然・二三八〉

長さや深さの単位。古代中国では8尺。日本では「ひろ」とも呼び、6尺または5尺とされる。→尋 (ひろ) 

腎臓のこと。「萎縮腎」

  1. ちり。ごみ。

    1. 「側らにある―を取って摘み」〈織田訳・花柳春話

  1. 仏語。

    1. ㋐感覚の対象。境 (きょう) 。

    2. ㋑煩悩。

  1. 数の単位。1の10億分の1。→位 (くらい) [表]

トウモロコシ・ライ麦などの発酵液に、ジュニパーベリー(ネズの実)の香りをつけた蒸留酒。無色透明で、アルコール分が40~50パーセントと高い。

ちん

〈臣〉⇒しん

〈神〉⇒しん

《magazine(雑誌)の略》雑誌。特に、少部数の自主制作雑誌。

出典:青空文庫