1. 五十音図マ行の第2音。両唇鼻音の有声子音[m]と母音[i]とから成る音節。[mi]

  1. 平仮名「み」は「美」の草体から。片仮名「ミ」は「三」の全画から。

  1. さん。みっつ。数を数えるときの語。「ひ、ふ、三、よ」

  1. さん。みっつ。名詞の上に付けて用いる。「三歳 (みとせ) 」

  1. 十二支の6番目。

  1. 方角の名。南から東へ30度の方角。南南東。

  1. 時刻の名。現在の午前10時ごろ。また、その前後の2時間。または、午前10時から正午までの2時間。

  1. 1にあたる年や日。

  1. 陰暦4月の異称。

みず。他の語と複合した形で用いられる。「垂水 (たるみ) 」「水草」「水漬 (づ) く」

《動詞「み(回)る」の連用形から》川・海・道などのぐるっと回り込んだ地形。「浦み」「里み」「隈 (くま) み」など、複合語として用いられる。

見ること。また、見える状態。多く、他の語と複合して用いられる。「姿見」「月見」

「山見れば―のともしく川見れば―のさやけく」〈・四三六〇〉

《「」と同語源》

[名]
  1. 生きている人間のからだ。身体。「茂みに身を隠す」「装飾品を身につける」

  1. わが身。自分自身。「身を犠牲にする」「だまっている方が身のためだぞ」「身の危険を感じる」

  1. 自分が何かをやろうとする心。誠心。「勉強に身が入らない」

  1. 地位。身分。立場。「身のほどをわきまえる」「家族を扶養する身」「他人の身になって考える」

  1. 皮や骨に対し、食べられる部分。肉。「魚の身をむしる」「身の小さな蛤 (はまぐり) 」

  1. 容器の、ふたに対して物を入れる部分。また、ふた付きの鏡などで、ふたに対して、本体のほう。

  1. 衣服の衽 (おくみ) などを除き、胴体を覆う部分。身頃 (みごろ) 。

  1. 刀の、鞘 (さや) に収まっている刃の部分。刀身。

  1. 木の、皮に包まれた部分。

  1. 10 身ぶり。

    1. 「少し案じる―ありてうなづき」〈咄・鹿の子餅

[代]
  1. 一人称の人代名詞。わたし。それがし。中世・近世で用いられた上品でやや尊大な言い方。

    1. 「―が申すやうは」〈伽・三人法師

  1. 二人称の人代名詞。「お」「おん」に続けて用いられる。→御身 (おみ・おんみ) 

[名]舌の感覚の一つ。あじ。味覚。
[接尾]助数詞。飲食物や薬品などの種類を数えるのに用いる。「漢方薬三味」

《「」と同語源》

  1. 植物の種子果実。みのり。「花が咲いて―がなる」

  1. 汁の中に入っている肉や野菜の類。「味噌汁の―」

  1. 内容。中身。「―のない議論」「花も―もある取り計らい」

うみ」の音変化。

「淡海 (あふみ) の―瀬田の渡りに潜 (かづ) く鳥」〈神功紀・歌謡〉

霊。神霊。「山つみ」「わたつみ」など、複合語として用いられる。

農具の一。穀物を入れ、あおって、その中の殻・ごみをふるいわけるもの。ふじづる・柳・割り竹などで編んで作る。

  1. 洋楽の階名の一。長音階の第3音、短音階の第5音。

  1. 日本音名ホ音のイタリア音名。

[接頭]

  1. 主として和語の名詞に付いて、それが神仏・天皇・貴人など、尊敬すべき人に属するものであることを示し、尊敬の意を添える。「御子」「御心」「御手」

  1. (「美」「深」とも書く)主として和語の名詞や地名に付いて、褒めたたえたり、語調をととのえたりするのに用いる。「御山」「御雪」「御吉野」

[接尾]

  1. 形容詞・形容動詞の語幹に付いて名詞をつくる。

    1. ㋐そういう性質や状態、また、そういう感じを表す。「暖かみ」「ありがたみ」「新鮮み」

    2. ㋑そういう状態の場所を表す。「深みにはまる」「茂みに入る」

  1. 動詞または助動詞「ず」の連用形に付いて、並列された動作または状態が交互に繰り返される意を表す。「降りみ降らずみ」

    1. 「このごろの日、照り―曇り―、いと春寒かる年とおぼえたり」〈かげろふ・下〉

  1. ク活用形容詞およびク活用形容詞型助動詞の語幹、シク活用形容詞およびシク活用形容詞型助動詞の終止形に付く。

    1. ㋐「思う」「する」などの動詞を続けて、感情の内容を言い表す。

      「我妹子 (わぎもこ) を相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めし―思へ」〈・四九四〉

    2. ㋑中止法として、叙述の並列に用いる。

      「明日香の古き都は山高―川とほしろし」〈・三二四〉

    3. ㋒(多く上に名詞+助詞「を」を伴って)原因・理由を表す。…が…なので。

      「須磨のあまの塩焼く煙 (けぶり) 風をいた―思はぬ方にたなびきにけり」〈古今・恋四〉

[補説]1㋐は、漢語の「味 (み) 」と混同して、「味」とも当てて書く。

〈弥〉⇒

〈眉〉⇒

〈美〉⇒

〈微〉⇒