出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接頭]

  1. 名詞などに付いて、ののしる気持ちをこめていうのに用いる。

    1. 「や、いき掏盗 (ずり) め、―ずりめ」〈浄・天の網島

  1. 名詞や形容詞に付いて、まさにそれに相当するものであることを強調していうのに用いる。

    1. 「―しぶとい女郎め、どうで一応ではぬかすまい」〈伎・児雷也〉

[補説]接頭語「ど」のもとの形かという。