旧国名の一。ほぼ現在の広島県西半分にあたる。芸州 (げいしゅう) 。
高知県東部の土佐湾に面する市。戦国時代、安芸氏が居城。武家屋敷が多く残る。瓦 (かわら) ・陶器を特産。人口2万(2010)。
広島市の区名。市の東部に位置する。
  1. 物が詰まっていないこと。すきま。空間。余地。余白。「本棚を置く―を作る」「行間の―を大きくとる」

  1. 欠員があること。「定員に二名の―がある」

  1. ひま。「―の時間を利用して本を読む」

  1. 使っていないこと。「傘の―があったら貸してください」「―部屋」

奈良県宇陀 (うだ) 市大宇陀地区あたりの古名。上代の猟場。[歌枕]

「み雪降る―の大野に」〈・四五〉

  1. 四季の第三。の間で、日本では9・10・11月をいう。暦の上では立秋から立冬の前日まで(陰暦の7月から9月まで)をいい、天文学では、秋分から冬至まで。昼が短く、夜が長くなる。この季節は涼しくさわやかで五穀や果物の収穫期でもある。しかし、一方では台風前線の影響で雨が降りやすく、「秋の空」など変わりやすいことのたとえにされる。やがて木々は紅葉し、草花は枯れて、冬へ向かう。 秋》「―深き隣は何をする人ぞ/芭蕉

  1. 盛りを過ぎること。終わりに近づいていること。「天下の秋」「人生の秋」

  1. 和歌などで、男女の仲の冷める意味で「飽き」に掛けて用いる。

    1. 「かりそめにおく露とこそ思ひしか―にあひぬる我が袂 (たもと) かな」〈山家集・下〉

[補説]暑さの厳しい夏を過ごして、さわやかな秋になると人々の活力も回復し種々な面での活動も盛んになる。それを表現して「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」「実(稔)りの秋」「スポーツの秋」などといわれる。また、特別重要な時期の意で用いられる「危急存亡の秋」などの場合は「秋」を「とき」と読む。
作品名別項。→

あきること。嫌になること。「―のこない味」

[補説]和歌などでは「秋」に掛けていうことが多い。
芥川竜之介の短編小説。大正9年(1920)4月、雑誌「中央公論」に発表。ある姉妹と幼馴染の従兄の三角関係を描いた心理小説
永井竜男の短編小説。昭和49年(1974)、「新潮」誌に発表。翌昭和50年(1975)、第2回川端康成文学賞受賞。
中村真一郎による連作長編小説「四季」の第3作。昭和56年(1981)刊。
《原題、(イタリア)L'Autunnoアルチンボルドの絵画。カンバスに油彩。縦91センチ、横70センチ。原画は失われ、他の画家による複製と考えられている。「四季」と総称される寄せ絵の連作の一。秋に実るさまざまな果物やきのこで構成される。デンバー美術館所蔵。