1. ひと続きのものの初め。また、いくつかに区分したものの初め。

    1. ㋐川の上流。また、その流域。川上。「―へ船で上る」「川沿いを―に一キロほど行く」⇔下 (しも) 

    2. ㋑時間的に初めと考えられるほう。昔。いにしえ。「―は奈良時代から下 (しも) は今日まで」⇔下 (しも) 

    3. ㋒ある期間を二つに分けた場合の前のほう。「―の半期」⇔下 (しも) 

    4. ㋓月の上旬。「寄席の―席を聴きに行く」

    5. ㋔物事の初めの部分。前の部分。「―に申したごとく」「―二桁 (けた) の数字」「―の巻」⇔下 (しも) 

    6. ㋕和歌の前半の3句。「―の句」⇔下 (しも) 

  1. 位置の高い所。

    1. ㋐上方に位置する所。上部。「山の―にある村」⇔下 (しも) 

      「几帳 (きちゃう) の―よりさしのぞかせ給へり」〈紫式部日記

    2. ㋑からだの腰から上の部分。「―半身」⇔下 (しも) 

    3. ㋒上位の座席。上座。上席。「主賓が―に座る」⇔下 (しも) 

    4. ㋓台所などに対して、客間・座敷や奥向きをさす語。⇔下 (しも) 

    5. ㋔舞台の、客席から見て右のほう。上手 (かみて) 。「主役が―から登場する」⇔下 (しも) 

  1. 地位・身分の高い人。

    1. 天皇の敬称。陛下。「―御一人」

    2. ㋑高位・上位にある人。「―は皇帝から下 (しも) は庶民に至るまで」⇔下 (しも) 

    3. ㋒朝廷・政府・官庁などの機関。また、為政者。「お―からのお達し」→御上 (おかみ) 

    4. ㋓他人の妻、また、料理屋の女主人などを軽い敬意を含んでいう語。「隣家のお―さん」「料亭のお―」→御上 (おかみ) 

  1. 皇居のある地。

    1. ㋐都。京都。また、その周辺。「―へのぼる」「―方 (かみがた) 」

    2. ㋑京都で、御所のある北の方角・地域。転じて一般に、北の方の意で地名などに用いる。「河原町通りを―へ向かう」「―京 (かみぎょう) 」「―井草 (かみいぐさ) 」⇔下 (しも) 

    3. ㋒他の地域で、より京都に近いほう。昔の国名などで、ある国を二分したとき、都から見て近いほう。「―諏訪 (かみすわ) 」「―つけ(=上野 (こうずけ) )」⇔下 (しも) 

  1. 格や価値が優れているほう。

    1. 「人丸は赤人が―に立たむこと難 (かた) く」〈古今・仮名序〉

    1. ㋐年長の人。

      「七つより―のは、みな殿上せさせ給ふ」〈・若菜下〉

    2. ㋑主人。かしら。

      「―へ申しませう」〈狂言記・角水〉

[名](スル)
  1. 《薬に他の薬を加えて調合する意から》味を付け加えること。

  1. あるものに、別の要素を付け加えること。「参加者の意見を―して日程を決める」

  1. よい味。また、よい味の食物。美味。

    1. 「当時はこれが、無上の―として、上は万乗の君の食膳にさえ上せられた」〈芥川・芋粥〉

  1. よい趣。おもしろみ。

《「上 (かみ) 」の意。人の上に立つ者というところから》律令制で、四等官 (しとうかん) の最上の官位。庁務を総括する責任者。「卿」「守」など官司により用字が異なる。→四等官

  1. 信仰の対象として尊崇・畏怖 (いふ) されるもの。人知を超越した絶対的能力をもち、人間に禍福や賞罰を与える存在。キリスト教イスラム教では、宇宙・万物の創造主であり、唯一にして絶対的存在。「―を信じる」「合格を―に祈る」「―のみぞ真実を知る」

  1. 神話や伝説に人格化されて登場する語りつがれる存在。「火の―」「縁結びの―」

    1. ㋐偉大な存在である天皇をたとえていう語。また、天皇の尊称。「現人― (あらひとがみ) 」

      「大君は―にしませば赤駒の腹ばふ田居を都となしつ」〈・四二六〇〉

    2. ㋑神社にまつられる死者の霊魂。

    1. ㋐助けられたり、恩恵を受けたりする、非常にありがたい人やもの。「救いの―が現れた」

    2. ㋑非常にすぐれた才能や技術をもつ人。「漫画の―」

    3. ㋒俗に、非常にすぐれているようす。「―対応」

    1. ㋐人間に危害を加える恐ろしいもの。

      「虎 (とら) といふ―を生け取りに」〈・三八八五〉

    2. ㋑雷。なるかみ。

      「―は落ちかかるやうにひらめく」〈竹取

高知県北東部にある市。物部 (ものべ) 川の上・中流域を占め、アユなどの渓流釣りが楽しめる。平成18年(2006)3月に土佐山田町・香北 (かほく) 町・物部村が合併して成立。人口2.9万(2010)。

《字を書くのに用いた竹のふだをいう「」の字音の変化という》

  1. 植物などの繊維を絡み合わせ、すきあげて薄い膜状に作り、乾燥させたもの。情報の記録や物の包装のほか、さまざまな用途に使用。製法により、手すき紙・機械すき紙・加工紙に分けられる。手すき紙は、105年に中国後漢蔡倫 (さいりん) が発明したとされ、日本には推古天皇18年(610)に伝わり、和紙へと発達。機械すき紙は、18世紀末にフランスで成功し、パルプを用いる製造法が発明され、日本には明治期に洋紙板紙工業が興った。仕上げ寸法はJIS (ジス) の規格によりA列とB列とがある。→A判B判

  1. じゃんけんで、指を全部開いて出すしぐさ。ぱあ。

  1. 書籍・雑誌・新聞・文書など、1を使って情報を記録したもの。特に、電子媒体に対する紙媒体のこと。「―の辞書」「議事録を―で管理する」

《「上 (かみ) 」の意からという》

  1. 人の頭に生える毛。頭髪。「―が伸びる」「―を結う」

  1. 頭の毛を結った形。髪形。「今日の―はよく似合う」

出典:gooニュース

出典:青空文庫