[名]
  1. 《古くは「ざい」とも》

    1. ㋐生まれつきもっている知能の働き。才能。才知。才気。「才におぼれる」「才に走る」

    2. ㋑学問。学。才識。ざえ。

  1. 尺貫法の容積の単位。勺 (しゃく) の10分の1。約1.8ミリリットル。

  1. 木材の体積の単位。1寸(約3.03センチ)角で、建具・家具用材では長さ6尺(約1.8メートル)、建築用材では長さ12尺(約3.6メートル)の体積を1才とする。

  1. 石材や船の積み荷の体積の単位。1才は1立方尺(約0.0278立方メートル)。

  1. じゅうたんなど織物の大きさを表す単位。1才は1平方フイート(約92平方センチ)。

[接尾]助数詞。「歳」に当てて、年齢を数えるのに用いる。「四、五才」

つま。他人に対して自分のつまをいう語。家内。

「今―も憚 (はばか) りへ行きたいと云うものだから」〈芥川・将軍〉

  1. 双六 (すごろく) ・ばくちなどで用いる小さな立方体の道具。六つの面に一から六までの目が記してあり、投げ転がして上面に出た数により勝負を決める。さいころ。一天地六 (いってんちろく) 

  1. 采配」の略。「―を振る」

他のものと異なる点。ものとものの違い。差。「両者の能力になんら―はない」

[名]仏語。
  1. 身心をつつしみ清浄を保つこと。斎戒。

  1. 僧が正午にとる食事。とき。斎食。

  1. 仏事法要のときの食事。とき。

[接尾]居室の名や文人などの雅号に付けて用いる。「自然斎(=宗祇 (そうぎ) )」「臨江斎(=里村紹巴 (じょうは) )」

こまかいこと。詳しいこと。「微にいり、細をうがった解説」

酒や飯に添えて食べるもの。おかず。副食物。「一汁一菜」

奇蹄 (きてい) 目サイ科の哺乳類の総称。陸上では象に次ぐ巨獣で、皮膚は厚く、毛はほとんどない。鼻先にある1本または2本の角は皮膚が角質化したもので、漢方では珍重される。南アジア・東南アジア・アフリカに5種が分布、いずれも国際保護動物。

[補説]作品別項。→

返さなければならない金品。また、金品を借りた負い目。借金。借財。「債を負う」

  1. 刀や小刀。刃物。

    1. 「太刀ならば呉 (くれ) のま―」〈推古紀・歌謡〉

  1. 鋤 (すき) 。

    1. 「―を作りて此の岡を祭るに」〈播磨風土記

  1. とき。場合。機会。「有事の際」「この際だから言っておこう」

  1. 物と物との接するところ。「天地の際」

    1. 頃 (ころ) [用法]

中国、春秋時代の列国の一。武王が弟の蔡叔度を封じた国。現在の河南省上蔡県の西南。前447年、の恵王に滅ぼされた。

[形動]《「さよう」の音変化》「さよう」のいく分ぞんざいな言い方。「さいざんす」「さいです」
[ト・タル][文][形動タリ]程度がもっともはなはだしいさま。第一番であるさま。多く、「最たる」の形で用いる。「成り金趣味の最たるものだ」
[形動][文][ナリ]に同じ。
    1. 「僕の一生に大感化を及ぼした者…駒井先生と兼頭君がその―なる者である」〈蘆花思出の記

[接頭]名詞に付いて、もっとも、この上ない、の意を表す。「業界でも最大手の会社」「最前線」「最先端」「最優秀選手」
[接頭]名詞に付いて、ふたたび、もう一度の意を表す。「再放送」「再スタート」
[接尾]助数詞。年齢・年数を数えるのに用いる。「三歳」「満五歳」

せつ

〈西〉⇒せい

〈斉〉⇒せい

〈材〉⇒ざい

〈財〉⇒ざい

しゃ

さつ

文芸雑誌。昭和39年(1964)に立原正秋高井有一加賀乙彦らが創刊。後に後藤明生が参加。昭和42年(1967)終刊。
《原題、(フランス)Rhinocérosイヨネスコの戯曲。著者が青年時代にルーマニアで体験したファシズムの台頭をモチーフとする不条理演劇。1959年、ドイツにて初演。フランスでは1960年、バローの演出・主演で上演され評判となった。

出典:gooニュース

出典:青空文庫