1. 五十音図カ行の第5音。軟口蓋の無声破裂子音[k]と母音[o]とからなる音節。[ko]

  1. 平仮名「こ」は「己」の草体。片仮名「コ」は「己」の初2画。

[名]
  1. 親から生まれたもの。こども。⇔

    1. ㋐両親の間に生まれた者。「かわいい―には旅をさせよ」→息子

    2. ㋑親が、実子と同様に養い育てる者。養子や継子など。

    3. ㋒(「仔」とも書く)動物の生まれて間もないもの。また、鳥や魚などの卵や、卵からかえったばかりのもの。「―犬」「鱈 (たら) ―」

  1. まだ大人になっていない者。幼い者。こども。「近所の男の―」

  1. (「娘」とも書く)若い女性。むすめ。「妓」とあてて遊女・芸者などをいうときもある。「若い―の集まる店」

  1. 植物の幹や根から生え出たもの。「芋の―」「竹の―」⇔

  1. 主だったものに対して、従属する関係にあるもの。「―会社」「―分」⇔

  1. トランプや花札などで、親以外の立場になる者。⇔

  1. 元金から生じた利益。利子。「元も―もなくす」

  1. 子株 (こかぶ) 2」の略。

[接尾]
  1. 名詞や動詞の連用形に付いて、その仕事をする人や物の意を表す。「舟―」「売り―」「振り―」

  1. 特に、女性のする動作や仕事に付いて、それをする人が若い女性であることを表す。「踊り―」「お針―」

  1. 女性の名前に付いて、それが女性であることを表す。「花―」「雪―」

  1. 人を表す語に付いて、親愛の意を添える。「背―」「娘―」

  1. その場所や時代に生まれた人の意を表す。「江戸っ―」「明治っ―」

[補説]3は、古くは身分のある女性の名に付けられた。また、上代には、身分のある男性の名に付けても用いられた。「小野妹―」「蘇我馬―」
[名]
  1. と。とびら。また、家屋の出入り口。とぐち。

  1. 家。一家。「戸を構える」

  1. 律令制で、行政上、社会組織の単位とされた家。普通は2、3の小家族を含む20~30人の大家族が多い。

[接尾]助数詞。家の数を数えるのに用いる。「戸数500戸」

《「き(木)」の音変化》樹木。多く複合語の形で用いられる。「木陰」「木漏れ日」「木の葉」

動詞「く(来)」の命令形。平安時代までは「よ」をつけない形で用いられた。→来 (く) る

「この寮 (つかさ) に詣 (まう) で―」〈竹取

  1. 弦を張ったときの、弓のように曲がった形。「弧を描く」

  1. 円周または曲線の一部分。弧ABは記号で表される。

ナマコの古名。

「故 (かれ) 、今に―の口裂くるなり」〈・上〉

古代中国で、北方・西方の異民族の称。代には匈奴 (きょうど) をさした。→五胡

[名](個)一つの物。一人の人。「―を重んじる」
[接尾]助数詞。物の数を数えるのに用いる。「リンゴ三―」→か(箇)
[補説]は「ケ(ヶ)」とも書く。俗に、学年や年齢を数えるのに用いる。「元彼は五―上でした」
  1. 障子の桟や格 (ごう) 天井などの骨組みのように、縦横に組んだもの。

  1. 階段やはしごなどの、足を掛けて上り下りするための横木。

  1. 碁盤・将棋盤の縦横に引いてある線。

固体が砕けて細かくなったもの。こな。「火の粉」「身を粉にして働く」

かいこ。「春― (ご) 」

「たらちねの母が飼ふ―の繭隠 (まよごも) り」〈・二九九一〉

はかま。また、ももひきやズボンなど下半身にはくもの。

水・酒などを入れる器。つぼ。

中国古代、儀式に用いられた大型の酒器。細い筒形の胴に朝顔状に開いた口縁と足とがつく。

仏具の一。修法 (ずほう) などのとき、煩悩 (ぼんのう) を打ち砕き、悪魔を払う意味で手に持つ。→金剛杵 (こんごうしょ) 

《「こう(鉤)」の音変化》巻き上げた御簾 (みす) を掛けておくかぎ形の金具。

「御簾の帽額 (もかう) 、総角 (あげまき) などにあげたる―のきはやかなるも」〈・二〇一〉

打楽器で、胴に革を張って打ち鳴らすもの。太鼓。つづみ。

  1. 竹を編んで作ったいれもの。かご。

    1. 「―もよみ―持ち」〈・一〉

  1. 伏せ籠 (ご) 」に同じ。

    1. 「なえたる衣 (きぬ) どもの厚肥えたる、大いなる―にうちかけて」〈・帚木〉

[代]近称の指示代名詞。これ。ここ。
  1. 眼前の、または話題の事物をさし示す。この。

    1. 「沖つ鳥胸 (むな) 見る時羽たたぎも―も相応 (ふさ) はず」〈・上・歌謡〉

  1. 話し手に近い場所をさし示す。ここ。→このこは

    1. 「ほととぎす―よ鳴き渡れ灯火 (ともしび) を月夜 (つくよ) になそへその影も見む」〈・四〇五四〉

[名・形動ナリ]一人だけでいること。独りぼっちで助けのないこと。また、そのさま。「徳孤ならず、必ず隣あり」

[接頭]

  1. 名詞に付いて、小さい、細かい、などの意を表す。「小馬」「小石」

  1. 名詞に付いて、わずかな、少しの、などの意を表す。「小雨」「小降り」

  1. 数量を表す名詞や数詞に付いて、わずかに及ばないが、その数量に近いことを表す。ほぼ。だいたい。約。「小一時間」「小半時 (はんとき) 」

  1. 動詞・形容詞・形容動詞などに付いて、すこし、なんとなく、などの意を表す。「小ざっぱりしたなり」「小高い」「小ぎれい」

  1. 名詞や用言などに付いて、軽んじたり、ややばかにしたりするような意を表す。「小せがれ」「小利口」「小ざかしい」

[接頭]

  1. 姓名・官職名などに付いて、その人がすでに死亡したことを表す。「故山田一郎氏」

  1. 官位や地位を表す語に付いて、それがもとのものであることを表す。前の。「故中宮の大夫」

[接頭]名詞に付いて、そのものの色や密度などが濃いという意を表す。「濃酒」「濃染め」

[接尾]

  1. 名詞または動詞の連用形に付く。「こ」の上に促音が加わることもある。

    1. ㋐…のこと、…することの意を表す。「あいこ」「慣れっこ」

    2. ㋑二人以上で同じ動作を互いにすることを表す。「かわりばんこ」「取りかえっこ」

    3. ㋒二人以上で同じ動作を競い合う意を表す。「駆けっこ」「にらめっこ」

  1. 擬声語・擬態語などに付いて、そのような状態である意を表す。「ぺしゃんこ」「どんぶりこ」

  1. 名詞に付く。

    1. ㋐小さいの意を表したり、親愛の情を示したりする。「にゃんこ」「べこっこ」

    2. ㋑話し言葉や俗な言い方として用いられる。「はじっこ」「餡 (あん) こ」

[語素]名詞・代名詞の下に付いて、場所の意を表す。「こ処」「そ処」「いず処」

〈火〉⇒

〈箇〉⇒

〈去〉⇒きょ

〈巨〉⇒きょ

〈居〉⇒きょ

〈拠〉⇒きょ

〈炬〉⇒きょ

〈虚〉⇒きょ