」の濁音。硬口蓋の有声破擦子音[dʒ]と母音[i]とからなる音節。[dʒi]

[補説]清音「し」に対する濁音としては、本来、硬口蓋の有声摩擦子音[ʒ]と母音[i]とからなる音節[ʒi]が相当するが、現代共通語では一般に[dʒi]と発音する。しかし、[ʒi]とも発音し、両者は音韻としては区別されない。古くは、[dzi](あるいは[dʒi][ʒi])であったかともいわれる。室町時代末には[ʒi]と発音され、近世江戸語以降[dʒi]と発音された。
  1. 地面。大地。つち。ち。「雨降って地固まる」

  1. ある土地。その地域。「地の物」「地卵」

  1. 物事の基礎。下地 (したじ) 。「地ができている」

  1. 化粧しない肌。素肌。「地が白い」

  1. 布・紙・金属などの、彩色・加工・細工などの土台となる部分。「黒い地に金の縫い取り」

  1. 織ったままの布地。また、布の材質。「地の厚いコート」

  1. 生まれつきの性格。また、本性。「つい地を出す」

  1. 文章の中で、会話文や引用文を除いた叙述の部分。「地の文」

  1. 実地。実際。

  1. 10 囲碁で、石で囲んで自分のものとした部分。

  1. 11

    1. ㋐日本舞踊で、伴奏の音楽。また、それを演奏する人。地方 (じかた) 。

    2. ㋑日本音楽で、基礎の楽句。特に、同じ楽句を何回も繰り返して奏するもの。

    3. ㋒三味線音楽で、上調子 (うわぢょうし) に対する基本の調子。また、それを奏する三味線。

    4. ㋓能の地謡 (じうたい) のこと。

    5. ㋔義太夫節の地合 (じあい) のこと。

  1. 言語を書き表すのに用いる符号。仮名漢字ローマ字梵字 (ぼんじ) ハングルなど種類が多い。文字。

  1. 漢字。「この字は難しい」「当て字」

  1. 筆跡。「これは彼の字ではない」

  1. (人の名や言葉の頭文字に「の字」を付けた形で)その人やそのことを婉曲にいう。「あいつは彼女にほの字らしい」

    1. 「お前の心もよの―の気も」〈人・梅美婦禰・三〉

  1. 紋所の名。文字を図案化したもの。

  1. 《一文銭の表面にある4文字のうちの一つの意、すなわち4分の1から》2分5厘。また、一文銭。

    1. 「一銭一―損かけまじ」〈浄・冥途の飛脚

  1. 楊弓 (ようきゅう) 双六などの賭けに用いる、紅白の紙に包んだ銅銭。

    1. 「勝負に賭くるおあしならんとありければ…いやいや―にて候はず」〈浄・松風村雨〉

てら。多く接尾語的に用いて寺院を数えるのに使う。「末寺数百寺を数える本山」

[名]
  1. つぎのもの。つぎ。「次年度」

  1. 化学で、酸素酸などの一つの系統の化合物中、酸化の程度が標準的なものより低いことを表す語。「亜」よりさらに低いことを表す語。「次亜硝酸」

[接尾]助数詞。度数・回数などを数えるのに用いる。「二次方程式」「第二次募集」
[名]
  1. 子供。「一児をもうける」

  1. 男子。

    1. 「自然の―になろうか、又意志の人になろうか」〈漱石それから

[代]一人称の人代名詞。親などに対して子が自分のことをさすのに用いる。
    1. 「―は不幸にしていまだ良師を得ません」〈鴎外魚玄機

歌合わせや囲碁などで、勝負・優劣がつけられないこと。引き分け。あいこ。もちあい。もち。

  1. 弦楽器の部分品の名。弦を乗せ、その位置によって振動する弦の長さを調節し、また音を胴に伝えるもの。→琴柱 (ことじ) 

  1. 琵琶柱 (じゅう) のこと。

[名]
  1. 時間の単位。1時は一昼夜の24等分の1で、1分の60倍、1秒の3600倍。記号h

  1. 特定の時刻。特定の時間。「ラッシュ時」

    1. 「初夜の―果てむほどに」〈・夕霧〉

[接尾]助数詞。時刻を表すのに用いる。「七時」

肛門部の病気の総称。痔疾。

  1. ことば。「歓迎の辞」

  1. 漢文の一体。楚辞の系統をひく様式で、押韻して、朗誦に適した文。陶淵明の「帰去来辞」など。

  1. 単語を文法上の性質から二つに分類したものの一。詞 (し) に対する。単独では文節を構成しえず、常に詞(自立語)に伴って文節を構成する語。助動詞助詞がこれに属する。時枝誠記 (ときえだもとき) の学説では、助動詞・助詞のほか、接続詞感動詞などもこれに含まれる。

  1. 印章。特に、天子の印章。

  1. 三種の神器の一。八尺瓊曲玉 (やさかにのまがたま) 。

    1. 「剣、―、内侍所わたし奉らるるほどこそ」〈徒然・二七〉

数の2。「ジエチレングリコール」

[助動][○|○|じ|(じ)|(じ)|○]活用語の未然形に付く。
  1. 打消しの推量を表す。…ないだろう。…まい。

    1. 「人の心にはつゆをかしからと思ふこそ、またをかしけれ」〈・一三〇〉

  1. 打消しの意志を表す。…ないようにしよう。…まい。→まじ

    1. 「(双六 (すぐろく) ハ)勝たんと打つべからず。負けと打つべきなり」〈徒然・一一〇〉

[補説]連体形の例は少なく、已然形も「こそ」の結びとして用いられるだけである。室町時代以降、「まい」「まじい」に吸収され用いられなくなる。

[接頭]

  1. 自分の意を表す。「自意識」

  1. 時間・場所を示す名詞に付いて、起点を示す。「自八時至二〇時」「自東京至京都」⇔至 (し) 

[接尾]体言に付いて、シク活用の形容詞をつくる。
  1. …ではない、…に関係ない、などの意を表す。「時 (とき) じ」

  1. それらしいさま、そのようなようす、などの意を表す。「男じ」「鴨じ」

[補説]2は、一般に「じもの」の形で用いられる。→じもの
[接尾]《古くは「ち」か》助数詞。数詞に添えて、ものを数えるときに用いる。→ち(箇)
  • 「ななそ―、やそ―は海にあるものなりけり」〈土佐
[語素]《「ち(道)」の濁音化》
  1. 地名を表す語の下に付いて、その地方への、また、その地方を通過する道という意を表す。「北陸―」「大和―」

  1. 日数を表す語の下に付いて、それだけかかる道のりという意を表す。「二日―」

  1. 十年を区切りとする年齢を示す。…十代。「四十― (よそじ) 」

〈士〉⇒

〈仕〉⇒

じょ