• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国庫負担

  1. 公的年金制度は、全国民共通の基礎年金(国民年金)と厚生年金などの被用者年金(報酬比例)の二階建てから成るが、基礎年金については国民が負担すべき費用の一部を国が負担している。これを国庫負担という。この国庫負担割合が、平成16年の法改正により、「3分の1」から「2分の1」に引き上げられた。なお、実際には、段階的に引き上げられ、引上げの完了時期は、平成21年度までとされた。